fc2ブログ

SSNo.012 メイドハルヒ

一度やらせてみたかったんですよ。

ハルヒにメイドを。


妄想が具現化した、もう一つの一万ヒット記念。

「メイドハルヒ」をどうぞ。
俺の手の内には、五枚のカードがある。

そして、今。
ハルヒにどんな罰ゲームをさせようかと悩んでいた。


=========================


ハルヒは、俺と古泉がポーカーをしているのを目にして「みんなでポーカーをするわよ!」
と宣言した。


古泉が以前持ってきたお祭りゲームのおもちゃのお金を取り出して、全員に配る。

「十回勝負で、一番手持ちのお金が多かった人から、一位で最下位の人に命令をできるってのはどう?期間指定は最長で一週間!!」

いいだろう。

古泉が問う
「一回の天井は?」

「もちろん無し!!」

おいおい、本来は500万までとかあるはずだぞ。まあいい。ハッタリもきくだろう。

ちなみに一人の持ち分は10円(単位がわからないのでとりあえず円)札が15枚、50円札が10枚、100円札が5枚だ。

一回戦、

「五枚チェーンジ!」

「二枚チェンジだ。」

「三枚チェンジです。」

「…一枚チェンジ。」

「二枚チェンジします。」


ほう、俺のはスリーカードか。結構良いんじゃないか。

「さて、いくら賭ける?」

「50だ」

「では60で。」

「あの、えと。…降ります。」

「…70」

「80ね。」

みんな異論は無いな。


「「「「せーのっ!!」」」」

俺:スリーカード
古泉:ツーペア
長門:フルハウス
ハルヒ:フォーカード

ぐあっ。負けた。


その後も試合は順調に進んでいき

九回戦終了での各個人の得点は

俺:420
古泉:370
長門:640
朝比奈さん:400
ハルヒ:770



ラスト一回。

手札を見た瞬間に、これは来たと。

右から順番に
10、ジャック、クイーン、キング、エース
そしてねらいすましたかのように、全てスペードだ。


「200いくわ。」

「降りましょう。」

「降ります。」

「…降りる。」

「キョンはどうすんの?」

「250でどうだ?」

「ふふん、300。」

「ならば400といこう。」

「420。無一文にさせてあげるわ。」

「「せーのっ!!!」」

俺:ロイヤルストレートフラッシュ(スペード)
ハルヒ:ロイヤルストレートフラッシュ(ハート)

「残念ですが、涼宮さんの負けです。」

「え?なんで?」

「ハートよりスペードの方がマークとしては強いのです。」

と言う事で最終順位はこちら。

俺:870
古泉:360
長門:630
朝比奈さん:390
ハルヒ:350

さあ、ハルヒ。覚えているよな。罰ゲーム。

「覚えてるわよ!」

期間指定は最長で一週間だったな。

「そうよ!」

「ならば、今日から一週間、お前はハルハルで、俺付きのメイドで、呼び方はご主人様でどうだ。」

「なっ!!」

「抵抗はできないぞ。反対意見は一週間後に言え。」

「あなたも似てきましたね。」

誰にだ?

「涼宮さんにです。」

今回ばかりはいいのさ。


「ハルハル。」

「何よ。」

「『なんですか、ご主人様』だろ?」

「な、なんですか、ご主人様。」

「お茶をくれ。」

「わかったわよ!」

「あれ?ハルハル?」

「わかりました。ご主人様!」



とても心地よい一週間になりそうな気がした。
スポンサーサイト



テーマ : 涼宮ハルヒの憂鬱関連
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

Secret

これは素晴らしい!
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
涼宮ハルヒのSSを書いています。

カップリングは
ハルキョン、キョンハル。

シリアスネタは思いつかないのでなし…ということで。



当ブログはリンクフリーです。

訪問されてきた方々
たまにでいいので 来てください。
訪問中の方々
現在これだけの人が 閲覧中です。
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
めーるふぉーむ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
web拍手
押してくれると励みになります。
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック