スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SSNo.015 憂鬱BadEND

本編よりパラレルです。短編。

小説は「憂鬱」の286ページ最後から。
漫画であれば「2巻」の149ページの三コマ目から、
アニメは時系列順「第六話 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅵ」のオープニングを含め18分27秒から。

要するに「俺にとってハルヒとはなんだ?」の所から。


こんな面白そうな感じでBadEND作ってみたかったんですよね
=========================

俺は、ハルヒの事をどう思っている?

ただ振り回すだけ振り回されて、でもそこに悪くないんじゃないかと思う自分がいて、コイツの笑顔に魅せられることもあって、そして…。

そうか、俺はハルヒの事をね…、好きなんだろうなきっと。

「ハルヒ。」

「何よ。」

「この際だ、どうでも良い。でも一言だけ言わせてくれ。他の連中なんか関係ない。中学生みたいな気の迷いでもかまわない。



ハルヒが…好きだ。」

「え?」

「もう一度言う。お前が好きだ。」

そうやって、俺はキスをした。


再び目を開けると神人は消えていた。しかし、世界は灰色のままだ。

「本当?」

「ん?」

「これ、現実かな?」

「ああ。」


朝比奈さんの「白雪姫」も、長門の「Sleeping beauty」も俺とハルヒがキスする事を示唆していたに違いない。

しかし、現実世界に戻らないのは何故だ?


別に戻らなくても良いのだが。



=Bad END=
スポンサーサイト

テーマ : 涼宮ハルヒの憂鬱関連
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

Secret

憂鬱ラストのキスシーンは、本当にキョンにとってギリギリでしたよね。
こういう風に最初から素直に認めていたら、全然違う展開になったんでしょうが、確かに続きが気になります。
て、これもしかして、アダムとイブフラグ!?

あ……あれ??
これってもしかしてハルヒはキョンをすk(ry
戻らなかったらどうなるんだろうw 続きが見たいですwww
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
涼宮ハルヒのSSを書いています。

カップリングは
ハルキョン、キョンハル。

シリアスネタは思いつかないのでなし…ということで。



当ブログはリンクフリーです。

訪問されてきた方々
たまにでいいので 来てください。
訪問中の方々
現在これだけの人が 閲覧中です。
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
めーるふぉーむ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
web拍手
押してくれると励みになります。
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。