fc2ブログ

SSNo.025 学生青春~前編~「あの笑顔を俺の物に」

学生的表現満載(?)SSの前編です。

前書きのネタは尽きてきたので、もう。

まぁ一応考えておきます。


そんなこんなで長い前置きはなし。

「あの笑顔を俺の物に」をどうぞ。


何となく気にかかっていたというのはわかっていた。

いつ頃からかは定かじゃない。

ただ唯一言える事は、「ハルヒを主軸として俺の生活は成り立っている」気がしてならない。

「ハルヒには俺がいないとな」と思う反面、「ハルヒがいないと退屈」これも事実だ。

今まで、俺はハルヒの活動に何度もブレーキをかけてきた。

今思うのだが、我々SOS団は車にたとえる事ができそうだ。

俺がブレーキで、ハルヒがアクセル。長門はハンドルで、朝比奈さんは燃料で古泉がエンジンだ。では乗り手は?それはそれぞれの思いではないだろうか?“楽しみたいという思い”

ハルヒが突っ走ろうとアクセル全開にして俺が必死にブレーキを踏む。このときに俺の精神がすり減って、その間長門が方向転換をする。古泉が機関の力でスピードを上げ、朝比奈さんはみんな(特に俺)の精神を癒し、やる気を起こさせる。そして俺たちを動かす物は“楽しみたいという思い”に他ならない。

話は脱線したが、ハルヒが「アクセルを踏むとき」の満開の笑顔を俺は忘れる事ができない。

四六時中俺の頭の中、もしくは瞼の裏に焼き付いていて、そう離れそうにない。

そして今思ったのだ。てか気付いた。

「これはいわゆる“恋”ではないか?」と。

恋をするつもりなんて
これっぽっちもないときに限って
恋はやってくる

どこかで聞いたフレーズだ。

昔のことわざにはこの精神病は「四百四病の他」と言われ、対処法はない。

否。まず病だろうか?実際そう認めたくはない。

ハルヒが好きだと言う事を一過性の物だと思いたくはない。


たまに来る胸の痛みというか、そんな物を楽しんでいた風もある俺だったが、そのころとは比べ物にならないぐらい最近は辛い。

どんなに抱きしめたくても抱きしめられない。

理性的な部分がそれを許さないし、第一、拒絶されるのが何より怖い。

俺だって、今まで告白なんてした事無いからなおさら怖い。

いっそ力ずくで…なんて考えたが俺がハルヒをどうこうできる力も、精神的余裕もない。








なあ、俺。

演技もそろそろ終わりにしようか?

本当は勇気がないだけだろ?

腹を決めろよ。

言わない限り苦しいままだぞ?






___あの笑顔を俺の物にしてしまえ。

天使か悪魔かわからない。俺の本心がそう囁いた。


=後編へ=



=あとがき=

後編でのへタレキョンはここでも十分へタレなのです。

え?意味がわからないって?
告白前の男の子の頭の中って大抵こんな物ですwww

学生なんで、大抵こういった思考の奴らを多く見てます。(かく言う俺もその一人orz)

悩んで悩んで、腹を決めて告白寸前まで行ったのに、へタレに戻ってハルヒを怒らせる。

でも、最後には言うんです。ちゃんと。

後編を先に持ってきたのは皆さんに「告白ってこう言うの」を提示して、
じゃあ「そこまでに至る思考」を知ってヘタレぶりを強化www


余談ですが五万ヒット記念SSを書いていただけるそうですし、自分とこでも書きます。よってSSが連立するかも!?とか密かに計画中です。
スポンサーサイト



テーマ : 涼宮ハルヒの憂鬱関連
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

Secret

>>小6様

このSSで勇気を出していただけたなら本当にうれしいです。
SSという形ですが人のお役に立てたのですから。

がんばってください。

>>911様

お褒めいただき光栄の極みです。
現学生が書いているからこそってところに関してですが、実は実際の葛藤だったりするんです。
以前一過性の恋愛で告白しようと思っていまして、その時の葛藤を書き記したものだったりします。

車の件
キョンはミッション系とかそういうのなしで、一人でハルヒを止める役をやっていたいと思っているのが本音かな?とか思ってます。

何か個人的にこのお話は好きですm(_ _)m
何か告白しようって感じになります;
勇気がわきます;
明日こくってみようかな・・・;
個人的な話ですいません;
とてもいい話でしたっ!
ありがとうございましたっ
(明日・・・がんばろう・・・-*-)

青春ですなぁ……。
書き手として言わせて頂くと、やっぱり学生としてのリアリティは現役学生の方には敵いませんね。
もう脱帽です。
キョンの葛藤が凄くリアルに伝わってきます。
自分も通ってきた道のはずなのになぁ。
あの頃何を考えていたんだろう。
こうしてみると歳とともに恋愛観って随分変わる物なんだなと実感しました。
色々汚れますね。やっぱり。

なんて思わず親父臭く過去を振り返って見ましたが、それだけでなく色々GJな話でした!
SOS団を車に例えるとかいいですね。
てかブレーキとか車を止めることに役立つ装置がキョンしかいないのもうなずけますw
せめてミッション系が1人いればキョンも楽になるんでしょうがいませんからねw
プロフィール

ゆーいち

Author:ゆーいち
涼宮ハルヒのSSを書いています。

カップリングは
ハルキョン、キョンハル。

シリアスネタは思いつかないのでなし…ということで。



当ブログはリンクフリーです。

訪問されてきた方々
たまにでいいので 来てください。
訪問中の方々
現在これだけの人が 閲覧中です。
現在の閲覧者数:
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
めーるふぉーむ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
web拍手
押してくれると励みになります。
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック